読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう少し恥ずかしいと思った方がいいと思うが?

無知の知とは?
無知であるということを知っているという時点で、相手より優れていると考えること。また同時に真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始まるということ。哲学者ソクラテスの言葉、概念。


なんでも知ってる人なんている訳がない。そりゃそうだ。だから自分には知らないことがまだ山ほどあると考える。知らないことを知ったり、教わったりするとうれしくなるし、時間を割いて教えてくれた人には感謝したくなる。もちろん興味があるかないかは別だが。

だけど、違う意味で無知を当たり前だと考える人が結構多い。言い方を変えると「知らなくてなにが悪い?」とすぐにキレだす人のこと。そういう人って、

「そんなこと知らない人の方が多い。だから私はおかしくない」
(教えてあげても)「言い方が悪いから理解できない。教え方が悪い」

と、とにかく知らない自分を肯定ばかりする。別に知らないことを責めてるわけじゃないんだけどねぇ。知らないなら知らないでいいじゃん。そんな態度だからいつまでも無知なんじゃないかと思ってしまうのだが...

人間死ぬまで学習だと思うんだけどねぇ...もうちょっと素直に人の言うことに耳を貸せませんかねぇ....

 

 

無知の壁 (サンガ新書)

無知の壁 (サンガ新書)